生酵素って酵素と違うの?

本当にごく最近知りましたが、酵素の中でも「生酵素」と呼ばれている酵素があるという話を聞きました。生酵素ってどんなものなのか、酵素ドリンクの酵素とどう違うのか?と思って調べてみると、若干の違いはあるようです。
まず、生酵素を使っている、と謳っているのはサプリメントがほとんどです。私が見た限りではサプリメントがばっかりでしたね。なぜサプリメントが「生」酵素、と表現しているのか、サプリメントのページを見てみると、酵素ドリンクの酵素は人工培養の酵素で、ビン詰めされるときに熱で酵素のパワーが失われている可能性があるけど、サプリメントに使われているのは天然酵母で作った自然培養の「生」酵素、サプリだから酵素パワーは失われません!と言った感じの謳われ方でした。
つまり、自然培養だから生酵素、と表現されている可能性が高いですね。中には生酵素いり青汁まであって、酵素ドリンクとは一線を画す感じです。
生酵素だからものすごく効き目があるかどうかは不明ですが、飲んだ人の口コミを見るとおおむね満足されている方がおおい模様です。多かったのは酵素ドリンクが苦手だからこっちにした、という人!酵素ドリンクは飲みづらいものも多いので、こういうサプリや青汁に切り替える人もいるんでしょうね。ダイエット目的でなく、健康のために飲むのならサプリでもいい気がします。青汁ならもっと効果がありそうな気も(笑)。酵素もいろいろありますが、自分に合わせたものをとるのが一番いいと思います。

注目の記事

酵素ダイエットが支持される理由

記事を読む

そもそも酵素って何??

記事を読む

芸能人が成功している例

記事を読む